検索

feliz navidad!~グアナファト~

今年も残すところあと三日。 クリスマスイブあたりから多くの観光客で賑わうグアナファト。 語学学校はクリスマスイブの日で年内の授業が終了となったものの、鍵を預かり毎日部屋の改装の為に通っている。 写真は作ったホワイトボードを壁に引っ掛けたところ。 学校が休みに入る前にメキシコ人の先生の手を借りてひっかけたのだ。黒板の下と左手にあるのはむき出しだった配管の目隠しだ。 ここ最近だいたい朝9時頃から17時頃まで、早い所終わらしたいので日々苦闘しつつも作業をしている。 木を切るにしても電動の丸ノコが借りられず、切れ味の悪いノコギリでギコギコやるもんだから時間がかかる。 木材屋に持ってきてもらった材料はサイズが違ったり湿っていて切っていると水が染み出てきたり。 溜息と煙草の数ばかり増えてしまう。 大した力仕事でもないのに、宿に帰るとぐったりしてしまっている。おかげでビールが美味いのだが。 そんなこんなで妥協に次ぐ妥協、いまいち満足いかない仕上がりになりつつある。 これが後に残ると思うと少し残念な気持ちだ。 クリスマスイブの夜は宿の屋上でパーティーがあった。宿のスタッフにお客さん、さらには近所の人達とBBQグリルで肉を焼いたりケサディージャを作ったりしながら振る舞われたビールをグビグビ飲んでいた。 担当する予定だった豚の照り焼き作りは無かった事になっていたので、ひたすら飲んだり食ったりしたいた。 宿のお客さんで、メキシコシティに近いあたりからやってきている4人家族が居た。 父さん母さんに娘二人の家族。 お母さんが英語の先生をしているおかげで、娘さんたちは英

もうどうにも止まらない~グアナファト~

写真はこの間の日曜日の一コマ。 老若男女が馬に跨り街を練り歩くお祭りだったのかな? 一行が通り過ぎた後にはお馬さんの糞だらけのグアナファトでした。 下品な話つながりで昨日の夕方えらく面白い事があった。 旅に出ると決まって一回は痔が悪化する。 長時間のバス移動や食生活の変化のせいなのかは分からないけど。 以前中国で痔が悪化した時は薬局に漢字で「痔」と書いて力強く店員に見せて薬を買うことが出来た。 もちろん書いた紙を見せながら、お尻の方を指さしはしたけれど。 今回の旅もまた悪化した。 辛いサルサソースのせいかテキーラの飲みすぎか、はたまたうんこ座りで学校の改装作業をしていたからなのか? 自分としては一番最後の理由を原因に挙げたい。 いちおう日本からボラギノール先輩は持ってきていたが、症状からすると座薬が好いに違いないと思った。 持っていたボラギノール先輩は軟膏タイプだったのだ。 「痔」 「座薬」 と言った単語を調べて学校帰りに薬局に向かった。 メモ帳に書かれた「hemorrioides(痔)」を言ってみる。 伝わったか不安だったのでメモ帳を見せる。 ははん、分かったわ!といった感じでおばさんが店の奥に行き、薬を取ってきた。 しかしそれは持っているボラギノール先輩と同じく軟膏タイプだった。 「supositorio(座薬)」は無いかと聞くと、その店には置いていないようだった。 そそくさとその店を後にし、宿からほど近い薬局へ向かった。 ここグアナファトは小さな街だが薬局はそこらじゅうにあるのだ。 2軒目、ぽっちゃりとしたお姉さんの店員が応対してくれた。

ここ最近と近所の話~グアナファト~

グアナファトに来てからそろそろ一か月が経つ。 写真は改装中のお部屋。 こちらは日差しのある日中はTシャツでも平気だけども、太陽の光を失った夜は寒い。 寒くてしかたないのだけどもビール片手に宿のテラスで煙草を吸いながらいつもと変わらない景色を見る。 語学学校に通い始めた頃は宿に帰ってその日の授業の復習をしていたが、ここ最近は授業が終わった後に学校の部屋の改装をしているので宿に帰ると疲れてだらりと過ごしてしまう。 適当なところで仕事を切り上げて夕方5時頃宿に帰ると、日本で仕事をしていた時のように宿の隣のコンビニでご褒美ビールを買い込み宿のテラスで一杯やり始めるのだ。 学校の部屋の改装はペンキ塗りと配管の目隠し、それにホワイトボード作りをやっている。 日本の家屋とは違ってブロックやら石やらの上にモルタルのようなもので壁が仕上がっているのだけど、防水が適当で水が入ってきた場所のペンキがボロボロとはがれてしまう。 なのでヘラでペンキを剥がし鉄のブラシで壁をこすり、崩れてしまった壁の穴埋めなんかをここ数日はやっている。 水が入りそうなところにはコーキングを打ちたいとも思っている。 そういえばこのあいだ一晩じゅう雨が降った翌日、宿も大きなスーパーマーケットも酷く雨漏りしていた。全ての家や建物がそうではないとしても、雨漏りはしょうがない事だとメキシコの人は捉えているのだろうか? 授業と仕事を終えて宿に帰りビールを飲んでると、旅と言うよりはこの地で暮らしていると言ったほうがしっくりくるような気がしてしまう。 テラスから見える色とりどりの家々はクリスマスが近づき電飾

飲んだくれた金曜日~グアナファト~

こちらは今土曜日の夕方。少し雨が降っているので少し部屋でのんびりしたい気分です。 今日は授業は無かったけれども、ちょっと作業しに学校に行ってました。 ホワイトボード用の塗料が来週に届くと言うので、しばらくの間はそのホワイトボードを取り付ける部屋のペンキ塗りに取り掛かる事にしました。 しかし今朝は起きるのが辛かったなぁ。 昨日は学校で授業終了後、先生や生徒その他もろもろでお好み焼きを作って食べる会があった。久しぶりの日本の味をメスカルのレモンソーダ割りで楽しんでました。 メスカル&レモンソーダ、もしくはグレープフルーツソーダ。 これには塩を入れるのが肝。安く飲むために自分でもメスカルを買って飲んでるんだけど、この飲み方だとグビグビ飲めてしまう。 夕方に会はお開きとなって宿に帰ったのですが、21時にネイティブの先生と待ち合わせしてFANDANGOと呼ばれる音楽を聴きに行くことになっていました。 宿のテラスでビールを飲んで時間を潰して約束の時間には待ち合わせ場所に。 待ち合わせ場所からすぐの所に先生の親戚の家があって、そこで音楽会が行われていた。 ギターのようでギターでない楽器を10人くらいの人が演奏し、それに合わせて女がフラメンコのように足でタッタカタッと音を鳴らす。大人数で音楽と踊りを楽しむその様を見ているとこちらまで楽しくなってくる。 しばらくすると先生に紹介された界隈では有名だというバイオリニストと楽器作りの天才と呼ばれるおじさんに連れられて、cantinaと呼ばれるクラシックなスタイルのバーに足を運んだ。カウンターと少しのテーブル席が

親方、作業開始です!~グアナファト~

良く晴れた日曜の午後を宿の屋上でのんびりしているナシオです。 スペイン語学校に通い始めて2週間が過ぎましたが、いきなり話すことが出来るようになるわけでもないんだけれど、日々少しづつですボキャブラリーが増えて行くのを実感してます。 学校の授業は日本人の先生とメキシコ人の先生によって行われるわけですが、僕が受けているメキシコ人の先生とは音楽を通じて仲良くりました。 メタルやらロックやらハードコアが好きであるというのが共通で、YOUTUBEでPVを見ながら動詞や名詞の勉強をしたりするので僕にとっては頭に入りやすい気がします。先生に教えてもらったメキシコのメタルやハードコアのバンドはいずれ紹介したいと思います。 頭に入ってきやすいと言えば、仕事に関する言葉たちが一番かもしれません。 音楽の趣味の合うその先生は、僕が現場上がりの人間だと知ると現場仕事を通して授業を進めてくれました。 大工道具の説明やら土木・建設に関する言葉など、興味のある事でスペイン語が学べるので面白く授業を受けています。 例えばノコギリと言う名詞も少し変化させれば「ノコギリを挽く」という動詞になったり、建物を乗せる「基礎」と言う単語は日本語と同じように、「ギターのテクニックの基礎」といった使い方ができることなど、興味深い勉強が続きます。 ペンキのシンナーの話が出た時に日本だとシンナー遊びとかするんだよーと先生に話すと、メキシコも同じだし大人たちは見て見ぬふりをしているよ、なんてメキシコ社会のちょっとした事を知れたりします。  それにしても、毎朝早くに起きるのが嫌で仕事に行くのが日々憂

勤労学生になる~グアナファト~

週明けの月曜日、前回ブログに書いた道に描かれたアートはまだ残っていた。 それを踏まないように歩く人も見たが、火曜日にもになると足元の絵を気にせず歩く人が多くなった気がする。 火曜日の午後、先生に頼まれていた学校の黒板のペンキ塗りをやることになった。 黒板を塗りなおすなんて知らなかったけど、ペンキやら刷毛を用意してもらって授業終了後に塗り始めた。 黒板のフチをマスキングして刷毛で塗る事数時間。 遠目で見れば問題ないのだけど、至近距離で見ると少し凹凸が出てしまっている。 一度やすり掛けしてから塗りたかったけど、そうもいかないのでまぁ良しとしよう。 久々に仕事みたいな事をしたせいか、宿に帰って飯を食ったら早い時間に眠ってしまった。 そして今朝学校に行って自分が塗った黒板を見ると、昨日までとは違ってずいぶん綺麗で気持ちよく授業を受けることが出来た。 さて今日も別の黒板を塗ろうかと思ったら、黒板塗りは先生がやると言うので新しいホワイトボード作りを頼まれた。 黒板と同じように専用の塗料があるらしく、コンパネ(合板)を買ってやすり掛けして塗料を塗って作ろうという事になっていたのだ。 学校に届いたそのコンパネは日本の規格と違って大きかった。 スケールで計っていないけど、聞く所によると1200×2400と言う事だ。900×1800の日本規格からしたらずいぶんでかい。 一人で学校の屋上まで運ぼうとしたが、階段が狭いのもあって何人かに手伝ってもらう羽目になった。 しかし今日はサングラスもマスクもない状態でやすり掛けはやりたくなかったので、明日から取り掛かるという事で今日は作業なしで帰っ

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

© 2015~2020 by Sink or Swim ナシオの一か八かの旅ブログ