検索

5日だけのベリーズ滞在~ベリーズ~

5日しかいなかった国と言うのも旅の中では珍しいかもしれない。もちろん飛行機の乗り継ぎなどで数時間しか居なかった国もあるのだが。 グアテマラ・ティカル遺跡を見学した後に僕はベリーズへと向かった。 ティカル遺跡に一緒に行った友人も僕と同じような方向へ向かうと言う事だったので、一緒にベリーズの国境を越え4泊5日の短いベリーズの旅を共にした。 グアテマラのフローレスの街からミニバスに乗ってベリーズとの国境の街メンチョル・デ・メンコスまで行き、そこから徒歩でベリーズ側に入った。 アメリカ、メキシコ、グアテマラと国境を越えて南下するたびに国力が落ちていくのを感じたものだが、ベリーズでもそれを感じる事になった。 国境を越えタクシーを拾いバスターミナルへと向かったのだが、到着した場所はバスターミナルと呼べるような代物ではなく、食べ物を扱う露店も何もない「ただの広場」だった。 目の下に涙の入れ墨を入れた運転手がハンドルを握るバスに乗り込み、サン・イグナシオと言う街に向かった。 車窓から初めて来たベリーズの国に目をやる。石造りやレンガで作った家々が多かったグアテマラに対して、ベリーズは木造の家が多い。熱い国だからか、木造の方が風通しが良くて過ごしやすいのかもしれない。 「ウエスタン・ハイウェイ」と立派な名の付いた田舎の一本道を、客を乗せては降ろしを繰り返しながらバスは進んだ。 サン・イグナシオの街へ入り、予約を入れておいたホテルにほど近い場所でバスを降りる事にした。 初めて訪れる国の空気を堪能しながらホテルへと歩いた。中米では珍しく公用語が英語になり、肌の黒い人の姿も多い。 小学校のような場所の横

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

© 2015~2020 by Sink or Swim ナシオの一か八かの旅ブログ