香港~香港、廟街~

2010年11月26日


昨日、桂林から軍人だらけの夜行列車で国境の町深センへ。
そこから、イミグレを越え香港側の地下鉄に乗って街までやってきました。


香港。


桂林の友達は、地元のスラングで「トイレに行く」ってのを「香港へ行く」って言ってた。


友達と別れ、淋しくなってしまうと思っていたけど楽しくやってます。
4年前に旅を始めた土地。いくらか土地勘もあり、自由を感じます。

中国本土ではつながらなかったツイッターもok。


街にはシャネルやプラダ、ティファニーにロレックス。
メインストリートのネイザンロード。多くの両替屋にカメラ屋。

しつこいプッシャーのインド人、夜店で雑貨を売るネパール人。
首からカメラさげたヨーロピアンに、7ー11にたむろするアフリカン。

廟街というストリートには、深夜特急にも出てくる夜店の群が。
道路を埋め尽くす店たち。台湾よりも品がない。

誰がこんなの買うんだよってなもんが山のように。
バイブやSMグッズを並べる店、ブランド品のコピー屋は物は置かずにまずカタログを見せる。

通りは屋台で埋まっているけど、両サイドには店舗を構える店がある。
屋台に隠れて見えにくいけど、日本のAVのコピーを扱う店が軒を連ねる。

そして、あからさまにセクシー過ぎる衣装をまとい、目が合うと誘ってくる娼婦たち。

廟街は怪しくも楽しい。
4年前も来たけど不思議と飽きない。


ただ一つ、香港に来て困った事がある。


宿のベッドに潜んだ南京虫に食われ、全身が痒い。恐ろしいほど。

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

© 2015~2020 by Sink or Swim ナシオの一か八かの旅ブログ